太陽光発電システムのメンテナンス

  2016/07/27   admin






今日は宮崎県に野立ての太陽光発電システムの保守に来てます。

PV測定を行ったところモジュール不良がありその場で交換作業を行っております。




太陽光のパワーコンディショナーの故障おチェックしましたが故障は無く全て順調に動いていました、

太陽光発電システムは20年何もなく動くものと思っている方が多いですが

電機製品はコンデンサなど耐用年数が10年程の部品を多く使っていますので

必ずメンテナンスが必要になります。

また、太陽光パネルに花粉や汚れが多く付着しており、発電効率が下がっていましたので

太陽光発電モジュールを専用のクリーナーで清掃も行いました所春電工率が10%以上もアップしました!!(残念ながら写真は撮り忘れてました><)


また太陽光発電モジュールのセルの不良も見つかり、不良モジュールをすべて新しいモジュールと交換し

アレイ全体の発電量も元の発電量に戻りました。

発電量の低下や故障に気付かないと一日少しのマイナスかもしれませんが

積み重なると年間数万から数十万単位の損失が出ます。

弊社では太陽光発電のメンテナンスは年間1000件以上行っており、

多くのお客様に喜んでもらっております!!


自分のとこも大丈夫かなと気になっておりましたら、一度お問合せ下さいませ(*'▽')