生命保険代理店に録音が必須に!?

  2016/08/18   admin


  

  生命保険代理店に録音が必須に!?


   生命保険代理店に録音が必須になるような保険業法の改正があったようです。

   http://www.fsa.go.jp/common/law/guide/ins/02d.html  ※金融庁HP抜粋

   改正があったのは2016年5月29日なので
   既に知っている方もいらっしゃるかもしれません。

   これまでも何度か『録音が必要になる!』と言われながらも
   必須というほどではなかったようですが、今回は必須になりそうです。

   これまでは管轄が
   
   金融庁⇒生命保険会社⇒代理店

   となっており、金融庁から代理店へ監査が入ることはほぼ無かったそうです。

   連絡があったとしても口頭で

   『ちゃんと録音取ってます!』

   と言っておけば免れていたようです。

   ですが、今回の保険業法の改正によって、
   代理店へ金融庁から直に監査が入る可能性が出てきたそうです。

   現在は罰則はまだ無いらしいですが、特に高齢者への保護強化という観点で
   金融庁が生保・損保へ指導強化しているようです。

   今後通話録音設備が無いと保険代理店業務の停止処分など

   行政処分が科される可能性があります。

   OutboundでもPBXでも録音機能が標準搭載されてますの
   オンプレ型の録音機器を購入するよりかは遥かに安価でご提供できます。

   是非ともお問合せ下さい。